« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月29日 (金)

ちょっと早いけど

みなさんお元気ですか クリスマスはいろいろ食べ過ぎました。こちらでの不思議なレシピをまた 今度ご紹介しますね。ちょっと今日は今から初めて行くエリアの友達の所に行ってきます。どきどき。じゃ、ちょっと早いけど、あけましておめでとうございます。皆さん、来年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (0)

2006年12月25日 (月)

| | コメント (0)

2006年12月15日 (金)

もうすぐクリスマス

今日はチャイナタウンに来ています。お馴染みのネットカフェでこれを書いてます。日本語が打てるコンピューターは数台。キーボードにはハングルも並んでます。バックミュージックは、おや!?今日は浜崎あゆみのようです。夏のオーストラリアとはいえ、今日は少し肌寒いですね。こちらでは、どんなクリスマス?とのご質問を頂きましたので、あくまでもギブンス家のクリスマスという事で書いてみます。クリスマスイブには教会に行きます。よく内容はわかりませんが、一緒に歌います。主はきませり~主はきませり~って感じで。

クリスマスには、遅めの朝ごはん、ブランチを頂きます。この時期、クリスマスと言えばターキー!と思いがちですが、ここでは暑いからか、そこまでじゃないようですね。えびのカクテルとかを頂きます。それと、ターキーもしくはチキンを、グレービーソースやクランベリーソースで食べます。この前も、マークの病院の人がえび安く買えるからとみんなから、注文を取ってました。なので、うちだけじゃないんでしょうね。

ご飯を食べて、クリスマスクラッカーを引っ張り合います。一応、中に入ってるクイズやジョークを読みます。クリスマスツリーの下に置かれたプレゼントから、自分宛てのプレゼントを選び開けて、くれた人にありがとうを伝えます。

今年は、お友達の家のにも行くので、少し違うかもしれません。いろんな国の流れの人がいるのでやはりそれぞれの家での祝い方が違うと思います。ケーキもうちは、クリスマスプディングという プリンというよりは、ブランデーの効いたフルーツケーキにアイシングでクリスマスの飾りをしたものを食べますが、他の国ならまた違うでしょう。マークの友達も、親がいろんな国から来ているので、ジョーのお母さんのポーランドのケーキはおいしい!とかミックのお母さんのイタリアのお菓子はおいしい!と言った感じです。

ちょっと早いのですが、またいつ書けるかわからないので、

MERRY MERRY  X'MAS!!皆さんが素敵なクリスマスを迎えられますよう、素敵な2007年を迎えられますよう、あなたの夢をかなえるサンタさんが 来てくれる様、お祈りします

主はきませり~主はきませり~主は~主は来ませり

| | コメント (4)

2006年12月11日 (月)

洗礼

マークのいとこの赤ちゃんの洗礼に行ってきました。街から少し離れた教会で、親戚や友人が40人ぐらい集まりました。ママのウエディングドレスで作り直したドレスを着たまだ2ヶ月程のクリストファー。ゴッドマザーをさせてもらったのですが‥といっても、神父さんから渡されたろうそくに火をつけ、お母さんに渡しただけですが‥。軽く緊張しました。

式が終わると、みんながカメラで撮影しまっておりました。クリストファーは洗礼の時に水をつけられても泣くでなく、時折 神父さんに微笑みかける余裕をみせておりました。

それから、街のホテルでちょっとした立食パーティ。ホテルに着いた時には、クリストファーも一仕事終えて疲れたのか、親戚の腕の中ですやすやと眠ってました。飲み物や食べ物を取って来たり、少し知ってる人と話したりしながら、端っこのテーブルについた時、足元近く下をみると、なんと今日のメインであるはずのクリストファーがキャリーに入って、フロアーに置かれてました‥周りの賑やかな事も、全く関係なくすやすやと。お義父さんが「こんな子が将来、酒飲みになったりするなんて想像できないね」と。そして終わり頃、ぱっと起きて、別に泣くでなく、お着替えをし、ちょうど最後にケーキカットのがあったのですが、その時にはすっかり、また皆さんの撮影の的に。

そのケーキは、親戚の方がこういうイベント(ウエディングケーキとか)のケーキ職人さんで、クリストファーの為に、真ん中に大きなチョコのテディベアーが乗ったケーキをデコレートしてくれたようです。

みんなで、ケーキをいただき、お開きに。最後まで、クリストファーは泣かず、皆様にさよならをしておりました。いい子に育つでしょう。私は気がつけば、マーク達に置いてきぼりにされ、あれっと思ってきょろきょろしてると、いとこに、置いてかれたと思うよ‥と、慌てて追いかけました。しかし、まだみんなと挨拶、抱擁を欠かさない義母がまだ居りました。

今日から留守番していた家を出ます。なので、ブログもまたかなり不定期になるでしょう。この家は、本当に馴染みやすい家でした。猫達も馴染んでくれて、トイレまでついてくるまでだったのに、寂しいです。チェルシーチェスターさようなら‥。

| | コメント (2)

2006年12月 7日 (木)

英会話への意欲

最近、英会話をちゃんとしてないなと思った私は、市がしている無料の英会話に行って見る事にした。レッスンの日は今日とは聞いていたのだが、一応予約とかあるか電話してみた。その電話も、悩んで悩んで3時間、思い切ってかけてみた。やはり、私の英語はわかりにくいらしく、「英会話に来たいって事ね?今日、1時からスペース3でしてるから、予約はいらないから」との事だった。通じなたかった事にへこみ、それをマークに言うと、僕なんて日本でいつも笑われてたさ‥そうね、散々 旦那様の日本語をネタにしていた自分を振り返る‥ごめんなさい、まーく。皆さん、外国人の方がどんなにおもしろい日本語を話しても、けっしてばかにしちゃいけません。「ただいま」が「たたいも」になろうとも、「てがみ」が「たまご」になろうとも‥。

マークの15分で行けるさとの言葉を信じ、30分前に出発。案の定、1時三分前に到着。2時間もレッスンあるからと、トイレに駆け込む。スペース3のドアを、初対面の礼儀を持って、満面の笑みを作り、開けた!

誰もいなかった‥。受付に言うと、「おかしいわね。もうちょっと待って。」ちょっと待ちました。ちょっとだけ25分。受付に「あのー」と言うと、「まだ来てない?おかしいわね。前の先生が亡くなったのよ。だから、どうなってるのかわからないから、確認してお電話するわ」

私の英会話への意欲は、たった20分にしてぼきっと折れた。しかし、その25分の間に今住んでいるBURNSIDE市が150周年らしく、記念展示をしていたのが見れた。今もある病院の元の建物の写真や、その当時の看護師の証明書、帽子や医療器具の展示もあった。看護士の帽子が駅員のような帽子だったようだ。検眼するレンズの箱の横に、plug tobacco guillotine(used for prepare patients tobacco ration)というのがあった。なんじゃこりゃと思いながら、病院で!?昔は、悪いもんだと知らなかったんですよね。

医学といえば、これまたこの25分の間に、いろんなパンフを見てると、子供向けの本のパンフを見てみた。BODYと題した本があり、まあ杉田玄白先生もびっくりの「解体新書」並みのリアルなものだった。対象年齢が8歳以上と書いていたが、こんなんこの3○才でも面白いんじゃないかと思った(とうに8歳超えてるし)

なので、30分かけて暑い中歩き、結局公民館近くのスーパーで干し椎茸とキューピーマヨネーズを買って帰りました。また30分かけて‥。

| | コメント (3)

2006年12月 6日 (水)

今日は、こちらに来てちょっと違うなあと思う事を、少し書いてみようと思う。まず、ごみ。各家庭に二つ私の胸の高さぐらいまであるゴミ箱がある。一つは、中に仕切りがあり、右に生ごみ、左にリサイクルゴミ。もう一つは、庭の木や草など。このゴミ箱の下にはキャスターがついている。週に一回、家の前にこのゴミ箱を出すだけ。もちろん、いっぱい入ると重い。ゴミの車が来ると、いちいちお兄さんが出てくるのではなく、車から機械の手が出て、コップで水でも飲むように、そのゴミ箱を挟みゴミを飲んでいく。ゴミの車の行った後の道には、各家の前にふたのあいたゴミ箱が並ぶ。ゴミ車からゲップでも聞こえてきそうである(あら、失礼)

それと、ここはスーパーの広告、キロが幾らと書かれている。日本のスーパーは、もう殆ど包まれていて、幾らと値段が書いてある。小さい頃は、グラムで買ってた記憶があるが、自分の財布で買うようになってからは、スーパーの包まれた物を買うことに慣れてしまっていた。なので、こちらでグラム買いに戸惑う。果物、野菜の側には計りがあって何グラムかわかるようになっているが、いちいち計算する頭になっていない。小さい店では、計りがない所もある。何グラム幾らのシールを見て買う習慣がついてしまってる。なので、手で果物を持ってもそれが、何グラムなのかわからずついつい小心者買いをしている自分に気がつく。

まっ他にもへえって事いっぱいですけど、ちょっと書いてみました。

| | コメント (9)

2006年12月 4日 (月)

いちご狩り

昨日は、日本人会のいちご狩りに行って来ました。見た目はあまり日本のような綺麗ではないが、味は美味しかった!お持ち帰り用を取りながら、胃にも入れながら、しゃべりながら。100人ぐらいの日本人がいちご狩り。その後、近くで海鮮焼きそば、ホットドックの昼食。外で芝生の上で、日本語ばっかりの中で海鮮焼きそばを食べてると、アデレードでないような感じでしたねえ。子供が多かったので、愛護班のピクニックにでも来てる様な‥。SIRビザというビザで、来られる日本人家族がたくさんいるようで、こうして私達世代のお子さんのいるご家族が増えていくのだろうなと思いました。 子供がいたら、いいなあと思いました。

もし、喫煙してるお父さん、お母さんがいたら、全ての子供にじゃないけど、あなたのお子さんが女の子なら、もしかしたら将来子供のできにくい女の子になる可能性が高くなるんだよって事、知ってください。また、こちらの新聞にも、南オーストラリアの研究で母親が喫煙していると、子供はその親の危険を受け継ぐと掲載されてました。皆、自分はいいけど、子供には健康で幸せになって欲しいと思ってると思う。

先日、禁煙セラピーのアレン・カーさんが亡くなられましたね。やはり、前に一日100本吸ってたタバコは、彼の肺をすでに蝕んでたんでしょうね。

| | コメント (11)

2006年12月 2日 (土)

今週は、水曜にご近所の日本人の方の所にお茶しにいった。彼女はアデレード在住30年以上。一歩お家に入ると、仙台箪笥や日本人形、屏風があり、とっても落ち着く空間。また、彼女自身がとても素敵な方だった。お電話では何度かお話してたのだけど、本当に若々しく優しい笑顔の人でした。

木曜日は、友達が赤ちゃんが出来たので見に行きました。まあっ可愛いこと!たった2ヶ月なのに賢そうな男前!お昼も、スープとサンドを頂きました。サンドのパンがとっても美味しいので、どこで買ったのか聞いたら、自分で焼いたんですって。真剣、今度のクリスマスプレゼントはパン焼機にしてもらおうかと思いました。出来るのか、私に?

また、それからずうずうしく一緒にお伺いしてた友達の家に車にのっけてもらったついでにお邪魔(ちなみに家から逆方向である)。ここにも二人可愛い女の子がいるんですね。一緒にすし屋さんとかして遊びました。お風呂も一緒に入っていいよと言ってくれましたが、換えのパンツを持ってなかったので辞退。それから、ディナーまで一緒に頂いて帰宅‥。

のつもりがまた迷子に。バスの142番に乗らなくちゃならないのに、141番に乗った為、乗ったバスの運転手さんが、最後のお客を降ろしてから、そっちの方向の道通るからと少し、近くまで乗せてくれました。ついでに、働いてるの?と聞かれたので、まだ着いたばかりで探してるのと言うと、じゃ知り合いのレストランとか聞いてあげるよと言ってくれました。ありかしら?こんなの?と思いながら、バスを降りて歩き出し、それがまた反対方向へ‥。

(注)みなさん、アデレードは碁盤の目のようになっており、全ての道に名前がついていてとってもわかりやすい街です。一応誤解のないように書いておきますが‥。こんな私でも時間はかかるけど、地図なくても辿りつける街です。みなさんなら、問題ないと思います。多分、ここ来たらASH子さん、これをどうやって迷ったのかな?と思うと思う。

今日は、久々買い物に、マークさんは”クリケット”に行きました。クリケットって何じゃそりゃって思う方もいるでしょう。私も未だ、何じゃそりゃです。こおろぎじゃないようですね、スポーツですね。まだやってんの?ぐらい、ながーいゲームです。私は、その間、鰹節や味噌等、日本の調味料を買いました。街の中心に大きなツリーが立ってました。その前ではライブのリハーサル中。クリスマスソングを聴きながら、外でタイムサービスで安くなった寿司を食べました。醤油がついてなかったので、さっき買ったばかりの醤油をボトルごとかけて食べました。日本なら豪快な食べ方だけど、こっちなら恥ずかしくないもん。醤油はでかいが、海苔巻きは厚さ7ミリぐらいだろうか?うすーかった。

今日のアデレードは、風邪がきつくお寒うございました。明日は、日本人会のいちご狩りでございます。いっちご、いっちご おやすみなさい‥。

| | コメント (4)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »