« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月30日 (月)

アデレードに着きました

アデレードに着いて、かれこれ2Wでしょうか。愛媛であゆちゃんと母に見送られ、号泣しながらまたバスに乗り、関空ではDrRIDERとたけもっちゃんが来てくれて、強気にさよなら~なんとなくまたすぐに会えるような気がして…。今回もカンタス航空で。関空~ケアンズ~シドニー~アデレードという気の遠くなるような行程にくらくら。もう、カンタスには乗るまいと決意。ケアンズまでの席は指定した通り、一番後ろ真ん中席。案の定、すかすかで三席陣取れました。すぐ後ろは乗務員が準備する所、トイレも横にあって私的には好きな席です。どうせ、夜のフライトだから何も見れないし。ただ、ご飯とかが最後になりますが。席に着くと、乗務員のグレイグが荷物を入れてくれました「いつもはこんなに優しくないんだょ」って言いながら、席に座り落ちついた途端、あろう事かASH子さん号泣。周りの乗務員は、大丈夫?誰かとお別れしてきたの?と聞いてくれました。状況話すと、じゃ離陸の時窓際に座っときと言ってくれて、後でグレイグがお水も持ってきてくれました。しかし、外見ても何も見えず、でもその優しさがしみましたね。機内サービスが始まった時、大きな揺れがあり、乗務員さんが急遽近くの空き席に座りました。一人の女性の乗務員が私の横に座り少し揺れてる間話しました。彼女のお母さんも日本人で、ペンパルだったお父さんと21歳の時に結婚し、渡豪したそうです。昔は電話も高いし、インターネットもなかったしね。と言っていました。それから、彼女とグレイグは何かと私に気をつけてくれて、ご飯やドリンクも最初にくれて、夜中にトイレに行った時も、ちょっと寒いでしょと暖かい緑茶とクッキーをくれました。3席陣取って横になれてゆっくり眠れました。降りる時も、アデレードはいい所だから、大丈夫だょと励ましてくれました。こうした、マニュアルにはないサービスで、長いフライトもそう悪くないなって思えました。無事にアデレードに着くと、まだ暑いアデレードとマークの笑顔が迎えてくれてました。

今日は、移民の為の英会話学校のレベル分けのテストがあります。ちょいと、緊張しますが 頑張ってくるね。では、またご報告いたします。

| | コメント (3)

2007年4月13日 (金)

今年の4/13は

なんだかんだで、日本に長居しておりましたASH子ですが、明日(もう今日か‥)アデレードに向けて飛びます。去年の4/13は、ちょうど佐多岬を出発した日でした。いろんな人に出会う事が出来た2006年。そして、今年また4/13にまた新たなスタートです。

お世話になった皆様、ありがとうございました。でも まだまだこれからもよろしくお願いします!!

| | コメント (4)

2007年4月11日 (水)

環と散歩

環と散歩
環と 環ママとお散歩いきました。一歳になった環。いくつですか?と聞くと、指を一本。だいぶしっかり歩き出しました。近く幼稚園にいくと うさぎさんに餌をあげさせてもらいました。幼稚園の方に、どっちがお母さん?って聞かれるほど、今は馴染んでくれてるけど 次会う時は、また大きくなって ASH子見知りとかしちゃうのかな…覚えていてね。たまちゃん(^-^)/~ これは、お散歩に行った お寺の池が桜のカーペットになってました。

| | コメント (2)

小麦粉から手作り

小麦粉から手作り
途中で、のりこさんがケーキを持ってきてくれました。このケーキ 小麦粉から ご夫妻の手作り。のりこさんの豪在住のお友達も ちょうど里帰り中で来てくれました。 お話出来て なんとなく同郷の豪在住の方に会えるだけで うれしかったです。

| | コメント (3)

あゆちゅんご飯 ②

あゆちゅんご飯 ②
またまたあゆちゅん家でご飯。今回はひいちゃんと 母までお招きいただきました。お野菜いっぱいで、おいしかったあ

| | コメント (2)

また 喫茶 花に行ってきました

また 喫茶 花に行ってきました
今回は 母と。ママが覚えていて下さって もうすぐ豪に行く話したら、桜が見える特別席でお茶いただきました。抹茶コーヒーお薦めです。

| | コメント (3)

あゆちゅんご飯 ①

あゆちゅんご飯 ①
あゆちゅん家で SNOWちゃんと三人でご飯 あゆちゅん家で こうして何度 お茶したり ご飯しただろう…いつも いろんな話したよね。ありがとう

| | コメント (4)

もうすぐだね

もうすぐだね
SNOWちゃんの赤ちゃん もうすぐです。この前 会った時は まだぺたんこだったお腹がこーんなに。赤ちゃんにすぐ会えないのは 残念。SNOWちゃん 頑張ってね〜

| | コメント (3)

ベトナムの カブ カブ

ベトナムの カブ カブ
ベトナムでの カブはこんな感じ でも、実際見たらかなりの迫力です

| | コメント (1)

ベトナム・タイの旅 ⑤

とうとう最終日。飛行機は夕方だったので、お昼のチェックアウトまで、コンビニや駅の喫煙対策をリサーチ。タイは、進んでるんですよね。パッケージに写真はもちろん。コンビニでも、見えるところには売ってません。引き出しからとか、隠された棚から出されます。駅とかで吸うと、7000円の罰金。アユタヤまでの運賃の安さから考えていただくと、高いですよね。お昼からは、友達(厳密に言うと、マークの友達の奥さん)JOOPとランチ。とっても、おしゃれな所で、美味しいタイ料理を満喫。思えば、屋内で食事したのは、タイで初めて!それから、めちゃくちゃでかいショッピングモールに連れてってもらいました。あ~もっと時間が‥お金が欲しい‥。

夕方、タイを出発。短い旅行でしたけど、仏像みたし、メコン川いったし、買い物したし、アオザイ着たし、JOOPにも会えたし、楽しい旅行になりました。

帰ったら、旅行会社さんから、お電話も頂き、手紙とお茶が届いてました。「災い転じて福となす」

| | コメント (2)

ベトナム・タイの旅 ④

バンコク2日目は、憧れのアユタヤです。これも、ツアーに頼むと一人6000円ぐらいしたので、自分達で行く事に。ホテルの近くが中央駅だったので、列車で行きました。行きは、一番高いチケット(1100円ぐらい)を購入。指定席、エアコン付、飲み物とパンもついてました。快適に出発。世界の車窓からみたく、景色を楽しみながら1時間半乗ってました。途中、それって近すぎないって家々が線路ぶちにあったりしましたね。(車窓から1mぐらいしか離れてない)アユタヤに着いて、帰りの時刻を確認してると、おじさんが話しかけてくれました。アユタヤの地図を見ながら説明してくれたりして‥で、あんた誰?おじさんは、トゥクトゥクという、軽トラの後ろが乗る所低くて、屋根がついたような車の運転手さんでした。交渉して、4時間2270円ぐらいで走って観光地につれてってもらう事にしました。行きたい所は書き出してたので、全部行ってくれました。一番見たかったのは、木に埋もれてる仏頭。昨日はきんきらの仏像ばっかだったのですが、なんとなくこの仏頭の方が好きかなと思いました。象にも乗っちゃいました。インドで乗った時は、頭は叩くわ がりがりでかわいそうだったけど、ここの象さんは可愛がられてましたね。外人の観光バスの横通ったら、みんなが窓から私達(象がメインですが)撮りだしたので、なんとなくスマイル。因みに、紀子さんやV6の森田君もここで乗りましたって写真がありました。

4時間の観光終えて、駅着いたらちょうど列車が来る前っていうか本当は来る時間。急いで、チケット購入。しかし、一番安い席しかなかった。70円‥。行きは1100円、帰りは70円。一抹の不安を胸に、駅で列車待ってると、リスをペットにしてるおばちゃんがリスとたまたまそこに座ってらした日本人の方と話してたら、遅ればせながら列車到着。みんな線路を渡って向こう側のホーム?へ。帰りはその日本人の方と話しながらで、席も座れたし、窓全開ですれば暑くなかったし、ぜんぜんOKでした。

夜は、ディナーを食べに中華街へ。そこは、まるで香港。行く途中、翌日行こうと思ってたお寺に明かりが。まだ開いてるんだなと行ってみると、何か特別な祭事中。中で、みんなでお経を読んでました。中の人がお入りと手招きしてくれたのでそのまま中へ。隣のおばちゃんが経本をくれて、今ここよと教えてくれましたが‥漢字にタイ語で読み仮名が‥適当一緒に読んでたんですが、いつ終わるかわからないし出る事に。おばちゃんが「えっもう帰るの?」って感じでしたが、言葉わからないので「JAPAN」と言い去りました。どうも私達親子をタイ人と思ってたんでしょうね。

また、歩いてると小さいネックレスにでもするような仏像を露店で売ってます。どれも古そうで顔がないのとかもあって、みんなMYルーペを持って見ながら選んでます。

中華街では、有名な蟹のカレー卵炒めを食しました。おいしゅうございました。しかし、あまり中華街は日本人は行かないらしく見かけた日本人は私達だけでした。屋台のツバメの巣も食べました、綺麗になったかしら‥。

それから、11時からタイ古式マッサージへ。2時間で2500円ぐらい。私の担当は大魔神選手のような女の子(本当の)はじめは、やる気あんのか?と思う感じでしたが、さすが大魔神子 かかと技が効きます。2時間もやってもらうと、なかなかよかった。最後はプロレス技のようなので終わり。終わると、1時。もちろん、ASH子親子その夜は爆睡です。現地の人はもっと安いの行くみたいですが、タイ古式マッサージは習えるみたいなんで習いたいなあとも思ったぐらいでした。

| | コメント (0)

ベトナム・タイの旅 ③

まだまだあります。旅の続き。3日目は午前に飛行機乗って、お昼頃 バンコク到着!バンコクの空港は新しくってとっても綺麗。母が着いた途端「ここ綺麗な空港やね、どこ?」と‥。一応、ベトナム・タイの旅とは教えたつもりでしたが‥。さて、私達の旅行は航空券とホテルだけがついているのですが、空港~ホテル間はガイドさんが連れてってくれます。空港の出口あたりで、ASH子様の紙を持ったガイドさんが待っててくれるはず‥。何度通っても 「ASH子様」が見当たらない。おかしい。別の出口も行ってみる。ない‥。慌てて現地の旅行会社に電話してみました。すぐ確認とってみますとの事。出口で待ってると、空港のお姉さんが、電話が入ってるわよと言いに来た。時間、間違ってたので、ホテルまでタクシーで来てくださいとの事。???とりあえず、少し両替してタクシーに乗り込む。「おいおい、どういう事さ!」と思いきや、タクシーから変な音が‥。シュルシュルシュルシュル‥タクシー故障。いかん、笑いがこみあげてきた。おっちゃん、どうしようって顔してるが、すぐ通りかかったタクシー止めて、これで行ってくれと言う。こんな事ってあるもんやなとしみじみ。ホテルに着くと、ガイドさんと会社の人が申し訳ございませんと出てきました。償いに何かとおっしゃるので、観光つけてないんだけど、今日は市内観光しようと思ってたけど予定くるったから、連れてってくれと依頼。因みにツアーで申し込んだのだが私達だけだったので、半日観光行って貰いました。お寺の数々、仏像マニア(私)にはたまらない、仏様のお顔を見させていただきました。46mもある涅槃像にもお会いしました。タイは涅槃像が多いようです。昔、涅槃像の意味を知らなくて、人が拝んでるのに寝てるってどうよ!?って思ってたんですが、入滅いわゆるお亡くなりになる時のポーズなんですよね。いやあ、ありがたいありがたい。夜は、ナイトマーケットに。買わない、買うまいと思ってたけど‥可愛いものが目白押し。バンコクに行かれる方は、買う気で行ってください。「KIRAKIRA」ってお店の、女の子?男の子が可愛くて、ついついたくさん買ってしまいました。綺麗なおかまちゃんていうより、体はわりとごつかったんですけど、仕草が可愛い。

タイには、ニューハーフが多い。しかし、普通に生活に溶け込んでます。コンビニで、町で、銀行で普通にお仕事されてます。私思うに、私も含めですがアジアの若い子って足をしっかり上げずに歩く子が多いと思うのですが、おかまちゃんの方が綺麗に歩く。そして、ちゃんと女の子してる気がする。街をさっそうと歩く姿は、おかまちゃんとはわかるけど、綺麗に歩くなあと思った。手の動きも綺麗だしね。努力って美しい‥。

バンコクでは、バンコクセンターホテル。なかなか綺麗で、朝食はバイキング(お味噌汁あったよ)

| | コメント (0)

2007年4月 3日 (火)

ベトナム・タイの旅 ②

二日目は、メコン川へ。旅行会社のオプションツアー料金は6000円。ちょっと高いなあと思い、ネットで調べ、バックパッカーさんご用達の「キムトラベル」にしました。これだと、オプションと同じコースが7ドル(約840円)、私達は行きをバス、帰りを船のコースにし14ドル(約1680円)にしました。 しかし、行きのバスが7ドル、10ドル、14ドルのコースの人一緒のバスに混乗。着いてから、それぞれのコースに別れる感じ。日本人は私達含めて6人。

小さい手漕ぎボートで川を下ったり、ココナッツキャンディを作ってる所見学、養蜂場見学。トロピカルフルーツ食べたりしました。お昼は、もともと付いてるのはシンプルなランチだったので、日本人の方々とシェアーしてエレファントフィッシュをオーダー。結構でかい魚が丸揚げされてます。表面にはうろこもひらひら揚がってて(取らないのか!?)それを、生春巻きのようにして包んで食べます。まっ、話の種にいただきました。それから、船の時間まで 町?村をぶらぶら散策。たまに豪邸があったりします。でもその隣は掘っ立て小屋だったり‥全体的に のどかです。帰りはスピードボートで、川から人々の生活を見ながらホーチミンまで戻るのですが、この為に7ドル奮発したにもかかわらず、爆睡‥。でも、ちょこちょこ見た感じでは、船で生活する人、川沿いに家を建ててる人、ホーチミンに近くなると、それこそウオーターフロントの豪邸が並んでいるかと思うと、その前には掘っ立て小屋が‥。

ベトナムなかなか面白い国でした。ご飯も美味しかったと思いますよ。特に女の子にはかわいい雑貨がたくさんなので、お買い物楽しめると思います。

因みに喫煙対策は、ぜんぜんです。空港の喫煙室にも壁全面にマイルドセブンの広告が‥。     

| | コメント (0)

ベトナム・タイの旅 ①

ベトナム・タイから戻って参りました。いやあ、内容濃かったですねえ。まず、一日目は、ベトナムへ、「水曜どうでしょう」の「原付ベトナム縦断」を観て、予習はしていたものの‥実際、道路に出るとすごい カブ!カブ!カブ!の数。信号なんてほとんどありません。ヘルメットも殆ほとんどなし。二人乗り、三人乗り当たり前、車線もあってないようなもの。なんか、ものすごーい長い鉄棒を抱えてカブに乗ってる人いたりーので、車で走っててもなかなか迫力ありました。サイゴンロイヤルホテルに到着。まあまあのホテルでした。今回は航空券とホテルだけついてるツアーパッケージだったので、観光は自分で!

でも、アオザイを着て写真を撮る特典もついてたので、それもしたいし観光もとホテルを出ました。車の中からじゃなく、実際目の前でカブの大群を目にすると これまた迫力というか、怖い‥「これ、どうやって道わたるのよ!」ただただ、カブを眺めている私達。 大縄跳びに せーの!って入る感じです。でも、走っちゃいけないらしい。*ベトナムでの道の渡り方 ①タイミングを計って道に出たら、ゆっくりカブの来る方を凝視しながら歩く。向こうも止まりはしませんが減速します。②その間に、ちょっと足を速めて通り切る。  初めは、現地の人が渡る時に、一緒についていく事をお勧めします。母など、見知らぬおばちゃんの腕をつかみ、つれてってもらってました。 暴走族の方々に言いたい‥「走りたけりゃ、ベトナムへ行け!」一般市民が暴走族なので、日本の暴走族なんて普通に思えるでしょう。警察も出てこないし。しかも、皆さんカブでですから、パワフルです。  なんとか街に出て、特典のアオザイ着ての撮影にて、かぶってしまいました。あのベトナム帽子(遍路菅笠?)わりと自分で言うのもなんですが、アオザイの似合う女な気がする(っていうか、誰でも似合いやすい服装だと思う) ちらっと、街の観光して、夜は市場へ!市場の所に警察が信号代わりに一緒に道を渡ってくれます。安心かと思いきや、警察だからって誰も止まりはしない‥。  市場でお買い物!安いです。でも、みんな日本人とわかって値を言ってくるから、安くで買えたのかどうかわからない。とりあえず、全部半額以下に値切って購入。屋台でディナー。まあまあかな。外なんですぐ横は、カブがビュービュー走っておりましたが。ホテルに帰って、水を買いに行こうと一人で、ホテルを出ましたが、ホテルの近くのロータリーでまさにカブ暴走族の大群。それは途切れる事無く‥たった水を買いに行く為にASH子さん、カブに轢かれてはと思い断念。帰ってると、ホテルの隣のバイク修理屋で水を売ってました。ニーズがあるから、10時ぐらいでも開いてるんでしょうね。しかし、帰ってホテルの冷蔵庫の水の値段見ると、何円かしか安くなかった。   二日目に続く‥

               

| | コメント (3)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »