« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月29日 (月)

どんなラーメン?

先日、チャイナタウンで金粉という会社の日本式ラーメン(東京ラーメン)を買ってみた。作り方は、全て日本語と中国語で表記されている。

1 約300ccのお水を鍋に入れて沸かし、うーめんを入れる‥(へえ、うーめんねえ)

2 1-2分ぐりい煮て、適当な油を入れて、お箸で掻きまわって下さい‥(いよいよ、怪しくなってきました。適当な油って何? 掻きまわるって痒いのかい!?)

3 すぐ日本風を含みの「地獄辛いえ~で」という うーめん面になる‥(日本風とは言い切らない、含みという所が憎い。地獄辛いえーで?一体どんな ラーメンいや うーめん。東京ラーメンといってるのに、関西弁になっているではないか?因みに、味はホタテ味、全く辛くなかった。多分。うまいって言いたかったのかな‥)

| | コメント (2)

2007年10月25日 (木)

アデレードのバス事情

公文でバイトしてるんですが、学校はCITYにあり、そして学校終わってからバスでその教室まで通ってます。そして、仕事が終わるとまた今度は208番のバスに乗って、パラダイスインターチェンジまで行き、そこでまた579番に乗り換えるというややこしい帰り方をしています。それはいいんです。ただ、結構 毎回このバスの旅、ハプニングあり!アデレードは、なんてたって市民の足はバス。トレインもあるけど、うちのある東のほうはないので、なんたってバス。

ここは、移民の国。そうです、バスの運ちゃんも外人である事が多い。何度道を間違えられた事か‥また、学校のシステム、公文で仕事してても思うのだけど、この国はいろいろ変わりやすい!気がする。このバスでも、同じ人をずっと同じ時間、同じルートで走らすようにすれば間違いがないと思うのだけど。毎回違う‥

エピソード1; Y1のバス停で待ってたら、Y2で止まった。Y1で待ってたお客さん達は、目の前を通り過ぎてゆく乗るはずのバスを見て、いっせいにバスを追っかけて走ってきた。でも、時刻表にはY2で止まるようになってるんですね。だから、私は初めての時は逆走しました。

エピソード2; ある角でバスが曲がった途端、乗客のおばちゃんが「違うわよ!」と叫んだ。運ちゃんは慌てて止めてルート表見たが、ルート表自体が間違ってたらしい。乗客は住人なのでこっちの方がよく知っている。しかし、バスは大きい。Uターンきるのは難しい道である。若い女の子が立ち上がり、ここまっすぐ行って、次の角で曲がってと指示。さっきのおばちゃんが「お急ぎの方はいないかしら」等と仕切っている。そんな時、さすがオージー、皆 笑顔で帰るだけだから大丈夫!と、ハプニングを楽しんでいる。バスは、住宅街の中の道を抜けていく。女の子が、「ここ親戚ん家なの、あっそとで遊んでるのはいとこ」と、友達に教えながら、運ちゃんにも指示をしながら進んでいく。前から、別の287番のバスとすれ違う‥女の子が「なんで、ここの287番がいるのよ!?今日は、バスどうなってんの」と言っている。徐々に、乗り換えがある私は不安になる。このバスが大幅に遅れたら、その乗り換えのバスは出ちゃうのではないかと‥。なんとか、女の子の指示で無事 インターチェンジ到着。579番は、どうも連絡できてるらしくまだいてくれた。ほっと思ったのもつかの間、一番前に坐ってるおばちゃんが時刻表の裏のルートを念入りに見ている。このおばちゃんも最近引っ越した人かしらなんて思ってたら、発進と同時に、おばちゃんがルートを教えているではないか!? えっこいつもかい‥途中、おばちゃんは私一人の乗客を残し、降りていった。 最後の角で、運ちゃんが私に「ここ?」って聞いてきた。おまえは、タクシーの運転手か!と思いつつ、「そうです。因みに私は36番で降ります」と言っといた。運ちゃんが、中国人と聞いてきたので、日本人と言ったら、「コンニチハ」 「こんにちは」 「オゲンキデスカ」 「元気です」 「サヨナラ」 「さよなら」 「オヤスミナサイ」 「おやすみ』 と会話を交わし、バスを降りた。 

エピソード3; 579番のバスが、思わぬ所で曲がった。「えっ」と思ったら、運ちゃんも気がついたらしく、「ごめん、家に帰る道やった、大丈夫そこで曲がったら戻れるから、いやあごめんごめん

本当は、まだあるんですけどね。これくらいにしときます。

| | コメント (5)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »