« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月29日 (日)

インドの結婚式

昨日、シアターに「インドの結婚式」という舞台を観に行ってきました。近所のおじさんからのお誘いで、この舞台のチケット代は東ティモールに寄付される。

シアターで舞台を観るのは2回目。前は有名な舞台だったにも関らず、英語がわからずちんぷんかんぷん。さて、今回は?と思ってたのだけど 主に歌と踊り。まさに「踊るマハラジャ」の映画みたいな感じだったから、全然英語がわからなくても インドの言葉がわからなくても楽しめた。一人、平井健に似た男前に目が釘付け。かっこいいだけじゃなく、踊りがうまい。ボランティアの出演者も多かったので、練習不足?と思ってしまう踊りもただあったのだが、彼のステップは確実、そしてナチュラル。

歌って踊れるジャニーズを愛する私としては、やはり踊れない子は魅力的ではない。東君も若い頃は決してジャニーズ顔じゃなかったと思う。あとの二人の可愛さに隠れてた分もあると思うけど、彼の完璧主義がダンスを彼自身に 磨きをかけていったと思う。彼が踊れなかったら、今は「あの人は今?」になってただろう。

そして、舞台を去る時 この平井健は 一人だけ観客に向かって軽くお辞儀する。最後に出演者全員を紹介したのだが(また、これが長かった‥)彼は、後ろの方に目立たないようにしてた。そんな所も、顔の派手さと裏腹に謙虚でよろしい。

インドの音楽を聴きながら、またインドに行きたくなった。インドに行く人はインドが呼ぶらしいと聞いた事があるが、もう何カ国行ったかよく数えてないのだけど40カ国以上旅した中で とても印象的な国だ。たまに、ああいった土埃のする所を旅したくなる。

でも、今はお金と時間があれば まず日本に帰りたいけどね(笑)

| | コメント (4)

2008年6月18日 (水)

電話って難しい

4月に、新しい携帯に変えた。今まではプリペイドだったが、仕事で使う機会も増えようかと料金制にプランも変更。いちいち、振込みも面倒なので 銀行引き落としに。ところが、ご使用明細と共に、請求書がついてくる。始めの1ヶ月はもしかして、引き落とせなかったのかななんて暢気にしてたら、今月も。

ちょおっとー確認せねばと、電話してみた。案の定、機械音。しかも、この用件なら1を押してくださいみたいなのではなく、請求書についてなら「請求書」と言葉を言わなくてはならない。どうも、その機械のお姉さんは私の英語を確認できなかったらしく、私も何を言っていいのか、向うが何を言ってるのかわからなくなり、そっと受話器を置いた‥やっぱ、無理‥ショップに行って直接聞いてみよう。

家に帰り、義母に相談。もちろん、マークさんにも先に相談したが、助けてはくれない。自分で解決してみろと言われる。しかし、義母は違う。さっと受話器を持つと、電話をしてくれた。彼女はもちろん、機械音はクリア、しかし人がちゃんと出てきてからもたらい回し、その度に私の名前、携帯番号、誕生日を言わなくてはならない。そして、挙句にアメリカ英語の人が出てきたらしく、しかもかなり音が悪い。繰り返して言わないと通じない。義母が、これ何処にかかってるの?と聞いたら、なんと フィリピン!私では、到底 解決できなかっただろう。 

結果、調べた挙句 多分、契約書はちゃんと私の口座番号までタイプされているが、ショップの姉ちゃんが処理を忘れたんだろうと言う事に。確かに、ショップの姉ちゃん 胸に「見習い」のバッジがついていた。でも、彼女が見習いなら この国ではちゃんとトレーナーがついていないといけないらしい。

こっち来る前に、私が派遣で携帯販売の仕事を単発でしていた時は、見習いも何もなかった。一度研修を受けただけで 仕事開始。土日だけの仕事の為、忙しく しかも仕事を覚える間もなく、次々キャンペーンだの新機種だの、プラン変更があったりする。嫌がられても、教えてくれる人がいないので上の人に電話しまくっていた。しかも、私の使ってたのは他社。 何も予告なく、仕事行くとキャンペーンのお姉ちゃん達が「宜しくおねがいしまーす」と言ってくる。キャンペーンが入れば、もちろん売り上げが上がる。しかし、彼女達は、可愛く ミニのユニフォームを着てお客さんにくじを引いてもらったり、興味を示さすのがお仕事。携帯については、ある程度の知識しかない。詳しくは、スタッフ(この場合、私だろう)に聞いてくる。私も、そりゃ若ければミニでもはいたわよと思いつつ、こちらは契約作業をもくもくとこなしていた。今思えば、いろんなお仕事させていただいて、いい経験になりました。

でも、やっぱり携帯ないと不便だよね。しかし、このご時世に携帯嫌いで未だお持ちでない方もここにいらっしゃいますが‥(Mさんね)

| | コメント (4)

2008年6月12日 (木)

素敵な名前

今日は、午後出勤だったので マークさんを病院に降ろして、それから買い物や銀行に行ったりしてました。ふと、車の中なら見かけたブティック‥そのお店の名前が「WASABI」‥なぜ、ブティックなのに わさびなんだろう‥そういえば、この前フードコート行ったら 新しい日本料理の店が入ってた。その名も「DOMODACHI」 多分 友達だよね‥メニューも、多分「と」であろう発音が全て「ど」で表記されている。例 とんかつが どんかつ。いかにも、気合が入っている感じがする。 因みに、”天どじ丼”を食べてみた。味は、ちゃんと天とじ丼だった。惜しい‥あんな立派な看板を作る前に、一言日本人に聞いて欲しかった。 まっ、日本にいても マークがよく看板やパッケージの英語を見て、どうして看板作る前に、印刷する前に外人にチェックしないんだろうと言っていた。今は、その気持ちがよくわかる。

うちの店のパンフとかも、Rさんが書いて マークさんがチェックしてるにも関らず、うっかりミスをしてしまっている。お店の商品に関しては、Rさんと私の適当英語で表示している為、多分「ぷっ」とくる物もあるだろう。先程も、日本製の陶器の使用上の注意を私が英訳し、マークさんにチェックしてもらった。が、始め英訳を見てもよく意味がわからなかったらしい。そこで、口頭で説明すると 通じた。なんでだろう、口頭だと通じるのに 書くと意味不明になるのは‥。 最近、Rさんが仕入れた日本製品には、諺が書かれた物、あいだみつおの物がある。諺は、辞書とか見て英訳したのだが‥あいだみつおの詩はなかなか難しい。なんか、私が英語にしちゃうとますます意味不明になる。もっと、詩的に英訳しなくては‥あなたもTRYしてみます?

いのちいっぱい じぶんの花を

じぶんがじぶんにならないで だれがじぶんになる

しあわせは いつもじぶんの心がきめる

夢はでっかく 根は深く

一生 勉強 一生 青春

いやいや、奥が深い言葉ですなあ。

| | コメント (4)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »