« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

2008年11月26日 (水)

50年って‥

先日、マークの友達のご両親の結婚50周年記念パーティに行って来ました。一口に言うけど、50年ってすごいなあと思う。ちゃんと、牧師さんも来てて まるで結婚式の時のように、あのお約束の病める時もなんとかの時も~の誓いの言葉で 夫婦を誓いあってる二人を見ると なんとなく涙が出そうになっちゃいました。おじさんとおばさんは、ポーランド系移民。時代に翻弄されながら、豪に移住。3人の子を育て、今は4人の孫がいる。ケーキカットの後、その家族で撮った巨大写真が披露されました。みんな、いい笑顔で ”家族”だなあって。

私は、私側は母しかいないし、マークも一人っ子だから豪にいるのは 小さな家族だから、羨ましいなって。でも、ジョシュアが一人増えてくれた事にも感謝しないとなって。危うく、G家の名前も途絶える所でした。

パーティに参加したみんなに、おじさんとおばさんの写真のラベルの貼られたワインと、お料理上手なおばさんのレシピブックが配られました。レシピブックには、おばさんたちの結婚式の写真、家族で囲むクリスマスパーティ、料理を楽しむおばさんの写真が閉じられ、挿絵には孫達の絵が入ってました。O家オリジナルの、レシピブック。マークがおばさんの作る ポーランドのお菓子が小さい頃から好きなようなので、この本を元に作ってみようかなと‥

パーティの間中、ジョシュアはいい子にしてました。友達の子供達のおもちゃ状態でしたが。7歳と4歳の女の子なんで、赤ちゃんが可愛くてしょうがないみたい。抱っこしたくてたまらない様子。順番に抱っこしてくれるものの大人は目が離せない。挙句に、「ジョシーは私のテディベアー。今晩、一緒に寝たいから置いてって」と言われ、ジョシーには もれなくおっぱいがついてきますと、丁重にお断りいたしました。

絵本や、ビデオも大量にいただきました。4歳の子に、これ私が小さい時に読んでた本だからジョシーにはちょうどいいと思うわ‥って、あなたが小さい時って‥

最近、私の髪を強く引っ張るようになりました。にぎにぎを握らしても しっかり!ぶんぶん振り回しております。今週末から、運転解禁なので 髪切りに行こうっと‥

| | コメント (5)

2008年11月22日 (土)

ちょっとでかいかも‥

母が、布オムツトライしてみるかねと言って、布オムツをしてくれました。そのまま、母が買い物に出かけ 私はどんなのしてるのか知らなかった。ぐずりだしたので、おしっこかしらと思い 服を脱がしてみると‥何年ぶりだろう こんなに笑えたのは。でかいオムツカバーをさせられたジョシュアはまさに、蜂のお尻状態。本人はけろっとすましているのがおかしい。

Dsc02847 でかいっしょ! 赤ちゃんだけに、なすがまま されるがまま‥

おっぱいも、なんとか出るようになりました。ほんと、ぽたぽた落ちるんですねえ。しかし、よく寝る子で あげたい時によく寝ている。起こしてやっても、うつろうつろ。今も、ベビーカーのUVカットカバーを買ったので 試しに乗せてみてカバーかけてみてたりしたら、もう爆睡中。

仕事復帰の事も考え、思い切って電動搾乳機を購入。といっても、今レートがいいので 母に日本円で買っていただきました。病院のはMEDELAだったけど、行った店に在庫がなくて、高めのAVENTのを購入。しかし、数日後にトイザラスの広告を入手。トイザラスでも、おもちゃだけでなくこれらの赤ちゃんグッズも売ってるらしく、セールで出ていた。これからは、トイザラスもチェックしないと。

出生証明書が届きました。こちらは、いろんなデザインが選べるんです。テディベアー柄やウサギさんなどの可愛いのから、オーストラリアの花や動物のなど 10種類?ぐらいから選べたような‥ジョシュア君のは、オーストラリアの動物のにしました。額に入れても、豪華な感じ。因みに、ミドルネームは「駿」にしました。時々、しゅんちゃんって呼んでます。

ちょっと、マークに似てる時もあるけど やっぱ洋にしてはあっさり、和にしてはなんか違うって顔ですね。友達のハーフのお子さんとか見てると、いかにもハーフって感じで目がくりってしたお子さんが多いけど‥ジョシュアさんは、その点シンプルかも。いいんです、男の子は顔じゃない。誰に似たのか、一重のタレ目で 優しい(ちょっと気の弱そう)顔になってきました。寝てるときなんて、拝みたくなるようなお地蔵顔。しかし、寝る前には 白目をむくのがちょっと恐い。ジョシュアさーん、どっかいっちゃってるよって感じです。ミルクを欲しい時は、鼻息が荒く ぶひぶひ 鼻が鳴り出し、指をしゃぶりだすのでわかりやすい。私のメルアドを知ってる方は まさにあのジャンクかと思われてるメルアドそのままです。

昨日から、うつぶせにすると 首が上げられるようになりました。ちょっとずつ、成長してってるなと実感。なんだかんだで、和まされています。すっごい泣いても、可愛い声してるなとか この小さい口が可愛いよななんて思ったり。きょとんとした時に、口がおちょぼ口になってるあたりも愛らしい。後頭部の寝はげも可愛い。いつか、もーーーっ(`ε´)て思う日まで 育児を楽しんでいきたいと思います。

| | コメント (6)

2008年11月13日 (木)

豪での出産について

今回の出産について、日本人の人は殆どが WCH(ウィメンズ&チルドレンホスピタル)もしくはバーンサイドで出産した話は聞いたのだけど、カルバリーで出産したって人は私の周りではいなくって サービスとかわからなかったので ちょっと書いときます。

分娩の際の部屋は、陣痛 分娩 産後が同じ部屋でした。トイレも同室にあり、SPA付のバスタブもありました。私は、帝王切開になったので 帝王切開の時は手術室の隣の部屋に移り 産後は元の部屋に戻りました。手術の際は、母もマークも立会いOKでした。手術は撮影不可ですが、赤ちゃんが出てからは撮影OKです。ずっとまめに撮影したり、私に話しかけたりしてくれてるおにいちゃんがいて、看護師かななんて思ってたら、翌日会ったら小児科医でした(笑)  その夜は、赤ちゃんも同室、マークも横で簡易ベッドで寝ました。看護婦さんに頼べば 赤ちゃんは新生児室で預かってもらえるそうです。根本的には、母子同室。でも、新生児室での預かりもお願いできるようです。

翌日は、別の病室に移りました。わりと広く、ベッドとソファが二つ。一つのソファはソファベッドになります。トイレ、シャワー付 ミニ冷蔵庫、あかちゃんのバスタブが備え付けになっています。TVは、普通の番組と映画が観れるようになっています。

食事は、メニューが前日に配られ 選べれます。スープも2種類から、メインも5種類からデザートや飲み物も、細かく選んでいきます。夜には白か赤かのワインも選べます。

日本ですと、帝王切開だとはじめ数日は流動食からスタートのようですが 軽食を選ぶようにともなんとも指示がなかったので 産後翌日から、しっかり食べていました。流石に、ワインを飲んだら お腹に負担を感じたので二口で止めときましたが(笑)朝食には、新聞がついてきます。

わりと、ご飯は美味しかったと思います。最近は、日本だとフレンチのコースなんて出る所もありますから それと比べると‥ですが。

飲み物は、給湯室があり そこに冷蔵庫やカップ、飲み物も完備されてるので いつでも飲めます。

毎朝、産婦人科医が来てくれて 帝王切開の術後をチェック。小児科医も来て、赤ちゃんのチェック。全体に、助産婦さんが年配の方が多いです。ここは、定年退職はないのかしらと思ってしまうほど‥。マーク曰く若い助産婦さんは、公立のほうに行くんじゃないかなと。経験豊富!?な助産婦さんが、時にはお母さんのように お姉さんのように‥おばあちゃんのように看てくれます。シャワーなども、翌日から浴びていいよとの事でしたが、日本の本には、抜糸後と書いてたので 抜糸が5日目だったのでその日に浴びました。

付き添いさんは、部屋に泊まる事が出来ます。食事も、同じように選べますし シーツ タオルも出してくれます。パパも産休?が取れるので、他の部屋の方もご主人が泊まってるらしき所が結構ありました。

赤ちゃんに必要な、オムツ 服、私の悪露パッドも支給されます。一応、日本の出産の本に書かれている物は用意していきましたが、殆ど要りませんでした。いるのは、私のパジャマ、時計 石鹸やシャンプーぐらいでした。

予定より早く退院すれば、一年間のうちにスタンフォードホテルの宿泊可能でしたが、うちは逆に長く入院したので このサービスは使わなかったのですが、代わりにもし夫婦がディナーに出かけるのであれば助産婦さんが面倒みてくれるサービスがありました。退院したら、夫婦で出かけるのが難しくなる為の配慮だと思います。ちょうど、義母の誕生日だったのでジョシュアを預けて レストランで家族と義父母の友人夫婦と食事をしました。

ジョシュアの体重が、減った為 退院後も週に一度、検診に行きました。先週の検診で、大丈夫でしょうとの事で後は、助産婦さんに家に来てもらうようにするみたいです。その検診の際、助産婦さんに質問があれば出来ますし、授乳指導も受けました。毎週水曜に、新しくお母さんになった人達でお茶するのがあるらしいです。助産婦さんや、歯科医なども参加するので 赤ちゃんに対しての質問したり、お母さん友達できるから参加してみたらと言っていただきました。帝王切開は、6週間ないに運転したら もし事故したら保険がカバーしないようなので、運転解禁になったら 行ってみようかなと思っています。

マザーバッグが、病院から支給されました。中には、ビブと 家庭の医学っぽい本が入ってました。カルバリーはMUTUAL COMMUNITY保険との提携病院なので、殆どが保険でカバーされました。今、病院から電動の搾乳機をレンタルしています。これは週20ドルぐらいです。早く返せれるといいのですが、まだ暫くは必要っぽい。

私自身の検診は、6週間後。傷口はまだちょっと硬いけど、大丈夫っぽいです。

病院によって、少しずつサービスも違うみたいなので とりあえずご参考まで。

| | コメント (4)

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »