« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月26日 (木)

ばあちゃん、ありがとう!

昨日、母が日本に帰りました。お昼の便だったので、ちゃんと朝っぱらから洗濯と ずぼらな娘の為に 数日間分の炊き込みご飯を炊いて‥

前日の夜、パッキングしてたんですけど スーツケースのふたが閉まらない程に、物がいっぱい。来る時は、ジョシュアの服とかを持ってきたから 逆に帰りは軽くなるんじゃと思ってたらしいのですが、流石に6ヶ月もいれば クリスマスもあったし、お土産でいっぱい。靴や服も買っちゃってますし。無理矢理、ふたを閉めたけど‥

半年の間、本当に母は何人の人に出会ったでしょう。私の周りの日本人の友達周り、マークや家族の友達周り、ここバーンサイドでもジョシュア連れてうろうろしてたから、いろんなお店の人とも知り合いになってました。ご近所とも、私がまだ会った事のないご近所にまで会っており、帰る前には ご近所からプレゼントやカードまでもらってました。今まで、私に挨拶もしなかった近所の若い兄ちゃんまで、母とジョシュアには挨拶をするようになり、私達にも挨拶をしてくれるようになりました。まるで、ここまで読むと母が英語を話せたかのようですが‥実は、全くといってよいほど。

あのお年頃になると、お耳が遠いのも手伝ってか 英語は聞きなれないので、全然違うように聞こえるらしい。例えば、シーユーレイター(じゃあね)が 母には「シーライサー」と聞こえるらしく、皆さんに「シーライサー」と言ってたけど 不思議と通じてた‥

母曰く、「この歳で、外国来ていろんな人といい出会いが出来た、ジョチュ君のお陰じゃ、ありがたい事よ」と

ジョシュアの子守唄も、かなり作詞 時には作曲までされて歌っておりましたが‥でも、自然とジョシュアがあのいい加減な歌で泣き止むんですよね。義父も、なんか英語でご自分で作った子守唄歌っておりますが、ジョシュ君大喜び。あの、お手ー手繋いでが聞こえなくなって寂しい気もしますが、私の80年代アイドルソングで我慢していただきましょう。オムツ替えながら、マミーのアカペラバージョン聖子ちゃん特集などを聞かせますと、これが大喜び。ああ、カラオケ行きたいと思う今日この頃でございます。

母は、シンガポール航空で帰ったのですが ちゃんと胸にお手伝い必要シールを貼って、待ってる時も特別席。乗り換えの時も、連れてってくれます。でもシンガポール航空は、ただでしてくれるんですよね。一人旅が不安、家族が海外に不慣れな方は ちょっと高いけど、シンガポールはお勧めかもしれません。最後まで、あれだけ液体は手荷物には駄目!って言ってたのにもかかわらず、なぜかシャンプー リンスのフルボトルをリュックに入れてたお母さん。さすが、昔 ハワイに愛媛みかんを持ち込んだだけの事はあります。

半年間、お疲れ様でした。でも、また一ヶ月もせずに ジョシュア共々お世話になりますのでよろしゅうお願いいたします。日本の皆様~待っててね~ 最近、ジョシュ君は本当に私の小さい頃にそっくりになってきました。私が、男の子顔だったってのもあるんですけどね。顔は私なんですが、髪の毛が薄い上に 産まれた時は黒かったのにだんだん薄い茶色になってきました。目の色は、茶色ブルー!?水羊羹みたいな色です(どんなやねん!)

| | コメント (8)

2009年3月13日 (金)

ならぼー

 マークのWALKの話をすると、ナラボーも行くの?とよく聞かれ なんじゃそりゃと思ってました。マークのカートに貼っているシールが、雨や熱ではげてきた為 送って欲しいとの事で、ナラボーのロードハウスとやらに送る事になりました。義父が、地図を出してきてロードハウスの位置を確認してたので、ふううんこれが噂のナラボーねと見ていたのだが‥なんと砂漠地帯なんですね、ナラボーって。勝手に意味なく、私の頭の中ではナラボーが「奈良坊」と漢字に書きかえられ、奈良の坊やかあなんて思ってたんだけど‥結構、長そうです。二週間は砂漠のようです。携帯も繋がるかどうか‥ どんなんでしょうね。鳥取砂丘しか、砂漠チックなのは行った事ないんだけど。

今日は、お昼はお友達のお家でランチ。すっごい可愛くされてて、うらやましい~我が家は、そこら辺に オムツやおもちゃが転がっている。 元々、統一感がない上に 赤ちゃんグッズも混じり 益々、不思議なお家になっております。誰かさんがいない間に模様替えとも思いましたが、やっぱ子連れで大きな買い物は無理。大きいカーペットを買っちゃおうと思ったけど断念。まだ、ジョシュ君もそんなに動いてないし、動き出したらカーペットと柵を買って遊べる所作ってあげないと。

夜は、お隣にビンテージドレスパーティにご招待していただいて参加してきました。50年代、60年代、70年代の布地を今と昔が混じった形でデザイナーがデザインし、生地から選んで自分のサイズにオーダーできるらしい。値段も、オーダーメイドにしてはリーズナブルでしたっていうか、すごい安いと思った。可愛いデザインもあったけど、思った生地がなかったのでオーダーはせずでしたけど‥ お隣は、3階建てで部屋もいっぱいあるので まだ赤ちゃんの孫が泊まりに来る部屋まで用意されてます。本当に、可愛いお部屋でジョシュ君も、そこでオムツ換えさせてもらったんだけど、我が家と違った雰囲気に大喜び。言葉が話せたら、「母ちゃん、帰りたくないよ」と言われそう‥母がいなくなったら、これまたどうなる事か‥私、ご飯食べれるんでしょうか?洗濯出来るんでしょうか‥まっなんとかするしかないですね~

| | コメント (6)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »